読めない返信
先日、某大学病院から医局長名でお詫びの手紙が届いた。それは僕が紹介した患者さんの診察結果を書いた返信が読めなかったことへの抗議に対する詫び状である。
その返信は実に汚い字で殴り書きしてあった。返信を書いた担当医の名前(つまり自分の名前)さえ読めないのである。それはまるでもう患者を送ってもらいたくないと思わせるような書き方であった。僕は直ぐにその大学病院の医療連携室へ抗議のFAXを送った。
日頃その大学病院へはよく患者を送っていた。医療連携室の対応はとても良く、患者さんの評判も実にいいのである。お願いする僕も鼻高々であった。しかし今回の「事件」はとてもがっかりであった。
確かに手紙をもらっても字が読めなかったり、やたらに略語が多いのは辟易する。病診連携が声高に叫ばれている中、意思疎通の手段が手紙である限り丁寧なわかりやすい返信を心がけることは当然であろう。常識を失った医者があまりにも多いことは、この些細な「事件」に限らない。少しでも意識変革につながるように祈っている。
Column List >>