ストレスと病気
プライバシーを守った環境でゆったりとした診療スタイルだと、心筋梗塞に至った理由について患者さんに聞くことができるし、患者さんもいろいろと遠慮なく告白してくださる。再発を繰り返す理由について尋ねると、10人中10人がなんらかの不安や苦痛を抱えていたこと言う。ほとんどは仕事の上での悩みや苦労があったり、家族との軋轢などをあげる。心筋梗塞は「冠危険因子」と呼ばれる疾患をベースに動脈硬化が原因で発症する方がほとんどである。確かにこれらの因子は動脈硬化の伸展には悪影響を与えるが、病気として最後に完成するきっかけは前述したようにストレスが圧倒的原因であろう。
Column List >>