引き際
これだけ高齢化が進むと若い者はタイヘンだ。いつまでたっても年寄りが引退しない。70歳をすぎてますます矍鑠としている。そのこと自体はすばらしい。しかし、それでは後継者が育たない。いつまでも自分が必要とされていると思う錯覚がある。バブル崩壊後我が国を覆う閉塞感の最大の原因はこの元気なお年寄りたちにも一因があると言ったら言い過ぎだろうか?
そもそも日本には老後の文化がない。引退したお年寄りがどのようにコミュニティの中で暮らしていくか。
会社人間であればあるほど、会社に行かなくなったときの生活パターンが見えてこない。想像できないのである。だから引退後の毎日をどう過ごすかという命題に悩まされる。そのことが「まだまだ辞めないでくれと言われるのでね」と他人に要請されたかのごとく振る舞う原因になる。「自分がまだ必要とされている」と思うことほど悲しいことはない。引き際を知らない経営者たちが増えている。
Column List >>