開業医と電子カルテ
・「電子カルテ」と「カルテの電子化」の違い
病院ではレセコンと呼ばれるレセプト作成のためのプログラムからコンピューター化が始まりました。さらにオーダリングシステムが導入され、PACSと呼ばれる画像保存システム、最後にカルテの電子化という歴史があります。
そもそも「カルテ=診療録」とは患者記録の全てであり、医師の記録のみではありません。したがって診療から発生する全ての資料が含まれることになります。つまり患者データベースと考えればよいのです。コメディカルを含めた記録の記載と、発生データのファイリングが電子カルテの骨格となります。紙の電子化だけでしたら、紙カルテをスキャナーで読み込んでファイリングすればすみます。しかしそれでは真の意味での電子カルテではありません。デジタルでデータベース化しなければ意味がありません。そしてデータベースですから「後利用」が自由自在でなければなりません。ここが重要な違いとなります。
 
・開業医にとって必要最低限の機能
患者基本情報、診療行為記録、検査結果、レセプト作成、が最低限の機能になるでしょう。
データの入力にはいろんなインターフェースがあります。最も普及しているのはキーボード入力です。その他には音声入力、タブレットと呼ばれる手書き文字を認識、解析し文字変換する方法、などが考案されています。入力法が最も大変であり、世代間格差(いわゆるデジタルデバイド)の原因ともなっています。最も簡単なのは医療秘書を同居させ入力する方法です。一昔前、教授外来でいたベシュライバーと思えばわかりやすいでしょう。いずれにしても将来はこの点の改良が普及の鍵になるでしょう。
 
・対費用効果
一人で診療する開業医にとって、「情報の共有化」という最大のメリットはあまり意味がないように思えます。狭い医院の中にあって、せいぜい共有化する相手は事務員や技師、看護師くらいです。だとすると電子カルテを用いると何が便利になるのでしょう。
紙カルテ棚がいらない、紙カルテや資料袋の移動の必要性がない、字が見やすい、などだけでは導入費用に見合うだけのメリットはないと思います。それに電子カルテにしたおかげで職員が減らせたという話はあまり聞きません。
ただ「患者さんとの情報共有」は紙カルテの比ではありません。モニター画面を通してあらゆるデータが開示されます。「患者に開かれた医療」を実践する最大のツールであり、目に見えない最高の効果ではないでしょうか。
さらに利点をあげるとしたら、前述したデータベースの「後利用」でしょう。レセプト作成はもちろん、学術上必要な医療統計や経営上必要なデータは簡単に取り出し使うことができます。
 
・現在のシステムの問題点
普及の鍵は入力インターフェースの改良です。キーボードアレルギーのない世代になればこの点は解決されるでしょう。
次に医療の標準化が難しい現状では、個々の医師に応じたカスタマイズが問題になります。言い換えればソフト提供者の考え方に合わせる柔軟さが使用者=医師に求められます。そして現状システムの最大の欠点は、電子カルテにすることの財政的裏付けがないことです。ただこの点は厚労省の「電子カルテ普及戦略」の中で考慮されることになるでしょう。時代はどんどん進んでいます。自らが新しいものを取り入れていく気概=勇気が求められています。
(小石川医師会報に投稿したものを改変しました)
Column List >>