高元教
7月の17〜18日と土日を利用して「信州画像診断セミナー」が北志賀にて開催された。
 
1987年に東京医科歯科大学の高元先生が「画像診断セミナー」として開催されたのが始まりである。88年に榊原記念病院に赴任したボクは、93年のセミナーから参加させていただいた。富士山麓の研修所に一泊して夜遅くまで酒を飲み交わしながらエコーの未来を語る、熱気に溢れた会であった。
高元先生という人は独特の雰囲気をもった先生である。サッカーのオフト元日本代表監督にそっくりな風貌をもった鹿児島男児である。独断的で攻撃的な毒舌の持ち主である彼は、時には誤解を招くところがあったように思う。しかしお付き合いをさせていただくうちにボクはすっかり彼の信者になってしまった。
98年からは彼の赴任先である信州は中野市の郊外にある北志賀スキー場のホテルで開催された。世話人の端くれとして名前を連ねさせていただいたが、その間に名古屋の岩瀬先生、大阪の石蔵先生と共に、「画像診断セミナー」の冬バージョンを作った。さらに過激な、朝早くから夜遅くまで二泊三日のウィンターセミナーを立ち上げてしまったのである。
 
信州画像診断セミナーと名前を変えて続いたその会も今年で最後になってしまった。悲しいことに高元先生も年をとってしまった。
Column List >>