大雪
子供の頃、一度だけ二階にも届きそうな大雪に襲われた記憶がある。
ボクが育った田舎は日本海に面しているため、荒れた海を渡ってくる北風が雪を山の方に持っていってくれる。そのために滅多なことではたくさん積もることはない。おそらく三八豪雪と呼ばれる昭和38年の冬だったに違いない。
それにしても今年は暖冬という気象庁の長期予報が見事にはずれた。そのために新潟を中心に日本海側は大雪の年末年始となってしまった。
 
悲しいことに雪下ろし中の死亡事故が100人を越えた。これまでもこの程度の大雪はあったはずなのに、どうしてこんなに犠牲者がでてしまったのだろうか。
最大の理由は、住民の高齢化があげられるであろう。当然、雪下ろしは屋根の上での作業である。経験したことがない人にはわからないだろうが、かなりの重労働である。それに近所同士、親戚同士の助け合い精神もなくなってきたのかも知れない。
さらに悪いことに作業の効率化を狙ってスコップ代わりにスノーダンプと呼ばれる道具を使うことが多くなった。これは慣れない人がすると実に危ない。
確かに昔と違って車社会になったために無雪道路が必要となったし、コンビニで食料が買えるために一冬を越えるだけの食料保存をしなくなったなどの背景もあるだろう。
しかしそれ以上に、降って当たり前の地域であるにもかかわらず、こんなに大騒ぎするのはおかしい気もする。
 
新潟の友人から、「新潟市内はほとんど積もっていません」と手紙があった。元々、新潟市は佐渡島のおかげで街にはほとんど積もらないうえに、街全体が暖かくなった影響で雪はどんどん山の方へ移る。
三国山脈がそびえるおかげで東京には雪が積もらない。県境の町々が犠牲になってくれていることで東京が機能していると思うと、大騒ぎし同情するだけでなくもっと新潟の人に感謝して良いはずだ。それにしても田中角栄の「列島改造論」が懐かしい。
Column List >>