医師の逮捕
そもそも医療ミスと起きうる合併症は違う。
医者あるいは医療者、もっとはっきり言えば医療に完璧はない。医療は「人」を扱うのであり、扱うのも「人」である限り、永遠にその「不確実性」はつきまとうはずである。しかしながら今の日本の風潮は、医療に完璧を求めるが故に「身勝手な一方的要求」をつきつけているとしか思えない。この「身勝手さ」が問題の一つだと思う。
 
「患者に害を与える事なかれ」
医聖ヒポクラテスが言う。言うということはその恐れがあるからである。「医者も人の子」であることを認めない限り、今おきている相互不信は永遠に続くであろう。このことは医療者にとって不幸である以上に患者にとって不幸なことである。
 
医療行為は専門職種である医師によって行われる。そこにはお互いの信頼関係がなければなりたたない。医者−患者関係は信頼の上に成り立つ契約関係と言える。医者は強者で患者は弱者と言われるが、だからこそ理解し合っていかなければならないはずだ。患者が生きたいと思うのと同じかそれ以上に医者は助けたいと思う。しかし、医者は100%助かるとは言えない。人の命には限界というものがあり、「人はいつか死ぬ」というごく当たり前のことを知っている。ところが患者(ないしその家族)は、生命は永遠だと思っている。この「すれ違い」がなかなか埋まらないところに問題がある。
一方、医師の側にも多くの問題点がある。挙げたらきりがないほどある。尊敬されるべき専門職である医師がなぜ尊敬されないのかということを真剣に考え反省し改革していかなければ何も変わらない。
最近、日本医師会は何種類かのテレビコマーシャルを放送し始めたらしい(というのは、ボクはほとんどテレビを観ないのでわからない)。今の医師会はその程度のことしか示せないようだ。
 
最近、医療行為にともなう合併症を「医療過誤」として警察が介入する「事件」が相次いでいる。医者が逮捕されるのである。医者が逮捕されることに愕然とした医者は多いはずだ。もしそのミスが意図的に行われたとしたらそれは犯罪だ。「患者に害を与えることなかれ」という大原則に反したから。しかし誰も意図的にミスを行おうなどとするはずがない。生じうる合併症を防ぐべきシステムが悪いと言われるのはやむを得ないが、医者個人の能力を問われ始めたら医者は医療ができなくなる。だからこそ我々はその能力を問われないように自己研鑽しなければならない。あるいは組織としてそれを高めるための仕組みを作らなければならない。その仕組みを日本医師会が示し得てないところに諸悪の根元があるのだ。
 
正義をふりかざすのは警察ではないはずだ。警察権力の介入は断じて許せない。
Column List >>