ゾロ
昔、「怪傑ゾロ」という映画があったが(ボクにはアラン・ドロンのゾロのイメージが強く残っている)、ここで言うゾロとは「ゾロ医薬品」すなわちジェネリック医薬品のことである。
今やプロパーさんと並んで死語になってしまった感があるが、ジェネリックとはそもそも一般名のgenericという意味からとったようだ。
 
厚労省の医療費削減のための誘導政策の一つとして、ジェネリック医薬品の使用が奨励されている。ボクは必ずしもジェネリック医薬品の使用に反対しているわけではないが、日本の実情が、安心してそれを使える状況になっているとは言い難い。
例えばジェネリック医薬品を製造販売している中小製薬会社はどのくらいの数があるだろうか。恐らくきちんと把握されていないだろう。一つのジェネリック医薬品に一つの製品名があるので、多い医薬品になると10種類ではきかない。もちろん特許切れであるので、製造原材料は同じであろうが、薬としての完成品にするにはいろんな添加物などが付加されることになる。ジェネリック医薬品メーカーの一つである沢井薬品のTVコマーシャルでも言われているが、「ほとんど同じ」であり「全く同じ」ではないのである。まぁそれでも薬害を生ずるほどの問題になることはこれまでもなかったのであるから、「ほぼ同じ」であればまず問題にはならないと思う。あとはそのことを使う側(処方医)と飲む側(患者)が承知さえしていれば良い。
製薬会社には医薬品情報提供者、すなわちMRさんがいる。ここからの情報は極めて重要である。しかしジェネリック医薬品会社にはほとんどMRさんはいないと思われる(宣伝に来たこともない)。この点の信頼度の差も使う側にとっては大きいのである。
 
世の中にはブランド品でなければ嫌だという人もいれば、にせ物でも構わないと言う人もいる。つまり「価値観の多様化」にあわせた自由度が大切なのであろう。
院内処方しているボクのクリニックではジェネリック医薬品を揃えるのはかなり自由ではある。しかし院外処方では品揃えする薬局側が大変である。昨年春の診療報酬改正では、薬局側の処方変更の裁量が認められた。それでもまだジェネリック医薬品の使用割合が増加しないのは、現状ではやむを得ないように思う。信頼できる大手メーカーが、もっとジェネリック医薬品を販売するようになれば、使う側も安心して使うような気がするがいかがだろう。ここにも日本的事情が見え隠れするように思うのはボクだけだろうか。
Column List >>