リラックスしていただけることを大切に
当クリニックはゆったりとくつろげる雰囲気を大切にしてデザインしました。待合室も6つのソファしか置いていませんので、予約時間をできるだけお守り頂きたいと思います。急患などでお待たせする場合などは、一階のスターバックスでお休みいただき、お呼びすることもあるかもしれません。
さらにクリニックの一画にアロマセラピーの部屋を用意しています。専門のアロマセラピストがカウンセリングしたり、マッサージトリートメントを行う予定です。お時間があるときはこちらもお試しください。
また、お天気の良い日は裏の小石川後楽園の緑や池を楽しみながらゆっくり散歩していただくのもいいかと思います(入園料300円が必要です)。
診療のためのよりよい環境作り
当クリニックには、検査室をはさんで診察室が二つあります。各部屋間はしっかりとしたパーティションにしました。これはプライバシーを守るためであり、部屋の中には看護婦やセクレタリーはいません。診察室1は応接室の雰囲気にしました。これは、EDをはじめとした「男性更年期」診療や心療内科的アプローチをしやすい環境を提供するためです。
もう一つの診察室は火曜に糖尿病患者さんのために、糖尿病専門医による外来を設けました。また栄養士さんによる栄養相談は週二回行っています。いずれも生活習慣病対策が心血管疾患の予防につながるからです。
心エコー装置は心臓病診療には必須です。血管や腹部の検査も可能な最新機種を導入しました。大病院にありがちな「検査結果が出るまで数週間必要」ということは決してありません。大病院以上の精度で即日完結し納得していただくことをモットーにしていくつもりです。また電子カルテを導入し、エコーや心電図、レントゲンはこれまでのようにビデオや紙、フィルムにせずに保存します。きっとこれまでと違う診療スタイルに驚かれることでしょう。
水道橋というところ
水道橋というところはとてもにぎやかな街の印象があります。それは東京ドームを初めとして、ドームホテル、遊園地、ラクーア、そしてWINSのような集客施設がたくさんあるからです。
しかし一歩、飯田橋方向に歩くと、水戸徳川家の庭であった小石川後楽園の緑が鮮やかに眼に入ってきます。外堀通りは車の通りがにぎやかですが、その通りに面した洒落たビルが後楽森ビルでありトヨタ自動車東京本社ビルです。後楽森ビルの一階にはスターバックスがあります。通りを眺めながらオープンカフェの雰囲気を味わえるすてきなお店です。
また水道橋周囲には順天堂大学や東京医科歯科大学、東京大学、日本大学などの付属病院の他に、東京厚生年金病院、東京警察病院などがあり、もし入院が必要になった場合はこれらの病院とのネットワークを有効に使うことを考えています。もちろん、榊原記念病院や東京女子医大病院、東海大東京病院などとの連携もこれまで通りです。